医薬分業は単なる「気まぐれな政策」だった?

日本の医療の大きな利点だった院内薬局制度が失われた

そして平成一二年には調剤薬局への支払いが国民医療費の国民医療費構成割合九・二%で、歯科診療所が八・四%となり、調剤薬局が歯科診療所に追いつき逆転したのです。調剤薬局は、昭和の時代まではその存在感は薄いものでした。しかし現在では、調剤薬局は国民医療費の大きな割合を占めようとしています。国民医療費という一つのパイのなかで、新たな参入者である調剤薬局が医療費の一割を占めようとしています。逆の言い方をすれば、医療機関の利益が調剤薬局に移行したと表現できます。

院外処方薬局は、医師が処方したクスリを出すだけで利益を出しています。あまり知られていませんが、同じクスリでも院外薬局は院内薬局よりも例外なく値段が高く設定されています。どのくらい値段が高いのかは、計算が複雑なので説明は困難ですが、院外薬局は院内薬局より一・五倍は高くなっています。一・五倍高ければ患者はそれに気づくはずですが、窓口で支払う本人負担分はその三割なので、実際の金額の違いに気づかないという盲点があるのです。

もし仮に、昭和の時代のように院外薬局がなければ、国民医療費の一割は節約できたと計算されています。院外薬局には医療費を押し上げる大きな欠点があるのに、なぜこのような制度になったのでしょうか。厚労省が院外薬局を導入したのは、ただ「日本医師会の鼻をあかす」ことだけが目的だったのです。そのため国民医療費は割高になり、患者の利便性も悪化したのです。マスコミは制度導入時には厚労省に追従し、院外処方になれば無駄な薬が処方されず医療費が減少すると宣伝しました。
今飲んでいるのがベルタ酵素で、肌のつやが良くなったように感じます。どことなく疲れが顔に出ていたのが、元気になった気がします。体調も改善されたようで軽く感じます。
全身くまなく透明感のある美しいお肌を手に入れるためには、ぜひ全身脱毛 心斎橋を使うとおすすめです。いつでも、どんな洋服を着ても安心ですし、もう無駄毛に頭を悩まされる心配が無くなるからです。
先日娘と公園に遊びに行ったときに、ハトを手なずけている小学生がいました。ハトに向かって「来い!」というとハトが日本橋 肩に乗ってくるのですが、あまりに慣れているので驚きました。
最近は若い女性の中で、短期間に無理なダイエットをして肌が荒れたり、ホルモンバランスに変調をきたしたりして、PMSや月経困難症という女性特有の疾患に苦しむ人が増加しています。
今度赤坂 歯周病治療へ行ってくるつもりです。都内に数多ある歯科医院の中でも5本の指に入ると言われる病院なので、きっとすぐに治してもらえることと思います。
愛知県内では、B型肝炎についての無料検査を受けることができます。保健所や、保健所の委託をする病院や診療機関において、このウイルスの検査を行なっています
歯医者が怖くて泣き叫ぶ子どもの扱いのとっても上手な先生とスタッフさんがいると友達にきいたので、歯医者嫌いの子を池上 歯科医院に連れて行くことにしました


それは患者に時間をかければ病院経営が悪化するからです。患者への診察時間が三分でも、三〇分でも診察料金は同じです。再診料が五九〇円なので、患者の数をこなさなければ経営が成り立ちません。一人五九〇円の診療報酬から医師、看護師、事務員などの人件費、光熱費などを払わなければいけないのです。

薄利多売の病院ですから、耳を傾けて患者の話をきく余裕などないのです。病気は非常に微妙です。相手が納得するには、五分や一〇分で説明できるものではありません。しかし時問がないので言葉不足、説明不足となります。医療報酬は国が決めた点数によって決められています。そして患者が最も必要としている医療サービスは見えない部分なので料金はゼロ円になります。

What's New
2013/05/15 注目記事を更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 医療現場の憂欝を更新しました。
2013/05/07 気まぐれな政策を更新しました。
2013/05/05 医師へのやっかみを更新しました。
2013/05/03 日本の医療の利点を更新しました。
2013/05/02 日本の医療の大きな利点だった院内薬局制度が失われたを更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
ナースフルナース人材バンク看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】
リクルートが開いている看護師求人情報サイト。各地域担当のアドバイザーが転職をサポート。転職実績の高い看護師求人・転職支援サイト。地域専任のコンサルタントが転職支援。看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。